ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

ナツメロコンサート開催のお知らせ

毎年恒例のペリドットの「コンサート」の時期がやってきました。

今年も開催することができ、ありがたいことだと感謝しております。


日々、お忙しい中に身をおかれる皆様に、ゆっくりと癒しのひとときを...
今回は都合上、会社2Fでの開催となりますが、ごゆっくりお楽しみ下さい。

 

皆さまのお越しを、心からお待ちしております。

日程:2018年 8月27日(月)28日(火)

時間:14:00〜16:00 フルート演奏、Tea

フルート演奏:尾原清夏
                   (イギリス王立アカデミー音楽大学院卒)
                    イギリスにて演奏活動中

参加料:無料

場所:株式会社ペリドット 2F談話室
大阪府豊中市服部元町1-2-11 TEL.06-6867-1640
 
お問い合わせ先
電話 06-6867-1640  受付時間 月〜金 10:00〜17:00


勉強会、個別相談日、夏季休業日のお知らせ

一度きりの人生、
与えられた環境に感謝し、いかに美しく生きるか。

自分の心と体は自分で守る!をモットーに
いくつになっても自立していられるために。

ペリドット広場では、心身の健康について勉強会を
定期的に開催しています。

実際に、お話を聞いたり、考えたり、質問したり、
みんなが元気を育む勉強会です。

ご希望の方は、お気軽に。まずは、お電話くださいね。


●開催日 毎月第二週 火曜日 8月7日 
     10:30〜13:00 ※ランチ付で、料金300円

 

 

また、個別相談日もあります。
気軽に健康の相談をしていただけますので、ぜひ、ご連絡下さい。


●開催日 毎週 水曜日 8月1日、8日、22日、29日

     10:00〜16:00

 

(上記以外の日をご希望の方は、ご連絡いただければ対応させていただきます)

 

 

●夏季休業日 8月13日(月)〜15日(水)

ご不便をおかけしますが、ご了承下さい。

 

 

※ 販売店の募集もしております。
ご興味のある方に対する講習会も随時承っております。

こちらも、お気軽にご連絡下さい。
 

●連絡先 TEL06-6867-1640

脳幹人間は代謝が良い

代謝とは、〆挧Δ虜得犬反契検↓排泄、L髪峙’宗↓ぅ┘優襯ーの代謝、この事を指して言います。


この代謝が40歳代で半減し、以降下がり続ける、これが老化です。


この代謝のポイントとなるのが、血液です。

 

血清の90%は水分で、残りがタンパク・糖などの栄養素、酸素、酵素、ホルモン、老廃物です。

 

これを見ても、水分をとらない人が熱中症になったり、認知症になったりすることが理解できるでしょう。

水分が身体に足りている人は、何歳になっても熟睡ができます。

それは、再生も老廃物を出すこともスムーズにとりおこなわれるからです。

 

血流の良い人は考え方もおだやかになれます。

総合的には、心のあり方が自律神経に影響を及ぼし、身体全体の血流にも影響を及ぼすことになってしまいます。

 

代謝を年相応によくして、元気に生きるには、しっかり睡眠をとることです(7〜8時間)。

そのためにはしっかり体温以上40℃までの身体の細胞吸収の適温で水分をとり、食べすぎないこと、これがポイントです。

 

食べ過ぎ、特に夜の食べ過ぎは老化促進剤で要注意。

自分の身体を管理して、元気で豊かな人生創作をしていきましょう。


宮古ビデンス・ピローサ講演会のお知らせ

宮古ビデンス・ピローサ講演会

開催日:7月13日(金)PM2:30〜4:00
会 場:株式会社ペリドット にて
テーマ :
「(未定)」

※ 決定次第更新させていただきます


株式会社 武蔵野免疫研究所の 安仁屋 政高 氏を講師にお迎えして、宮古ビデンス・ピローサが
どのように身体に作用して良いのか科学的根拠(エビデンス)の紹介をいただきます。

それと同時に、テーマごとにいろいろなお話も聞くことができます。

宮古ビデンス・ピローサについて、より深く理解し、知識を広げていただける勉強会です。

内容もわかりやすく、非常にご好評を頂いております。

ぜひご利用下さいませ。

参加申込・お問い合わせは
   TEL 06-6867-1640 株式会社ペリドットまで


脳幹虚弱症からの解放

大脳のおもな構造

「脳の革命」永田勝太郎著より

 

脳幹虚弱症とは、第三者の目に支配された生き方のこと(妬み、嫉妬、恨みなど)

あるがままの自分を忘れ、ストレスを溜めて我慢し、過剰に適応するタイプの人(社会適応型)のことを言います。

 

脳幹とは、生存に不可欠な機能を司る器官です。

つまり、呼吸、食欲といった生理的機能や、身体の各器官を正常に機能させる管理センターでもあり、最も重要なのは自己防衛本能、つまり、自尊心の宿る場所です。

ここが虚弱になると、心身ともの病にやられてしまいます。

 

「脳幹が強いと病気にならない」と言われます。

脳は少しずつ育っていきます。

筋力トレーニングと同じようなものです。

逆境に直面したとき、「必ず乗り越えてみせる!」と私が思えば、脳も闘う態勢に入り、越えるための情報を集め、越えられるように働くのです。

脳には何らかの目標を達成することで大きな喜びを感じるという性質があるからです。

その逆もあります(ダメだと思えば、ダメになる方向に働く)

人間は「生きたい」という意志の塊のような存在です。

これが自然治癒力として持っています。

感染症や細菌でも「私は絶対病気にならない!」と、気力が漲っていると、免疫が活発に活動をはじめ、感染症にもかかりにくいと言われます。

 

脳力をアップする生活習慣とは、まずしっかり睡眠に重点を置くこと、7〜8時間の睡眠です。

そして温かい水分をしっかりとり、血管のゴースト化を防ぎましょう。

 

思いの世界を放っておけば、70〜80%はネガティブな事を思うのが人間です。

自己肯定感、自分は誰かの役に立っている、愛されていることを確認しながら、不足を感じたら積極的に為に生きましょう。

ありのまま、あるがままの自分を楽しみましょう。

 

人間だけが持っている特権!

楽しむこと、喜ぶこと、感謝することです。



カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others