ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

自律神経の安定のコツ

呼吸する、心臓を動かす、血液を循環させる、食物の消化・吸収・排泄など
自分の意志とは関わりなく、生命維持に欠かせない機能は自律神経のはたらきによるものですね。

この自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があって
まるでシーソーのようにアップダウンしながらバランスをとってる。


交感神経は、活発に活動しているとき、緊張しているとき
副交感神経は、ゆったりとしているとき、熟睡しているときにはたらく。

そして、このバランスの揺れが激しい人ほど体調を崩していく。
この二つの神経が免疫システムの「白血球の顆粒球とリンパ球」をコントロールしているのですが
バランスが崩れると生命にかかわる病気になりやすいということ。

現代人の生活は、刺激やストレスが多くて、どうしても交感神経優位になりやすい。
おまけに残念ながら、交感神経のはたらきは歳をとっても変わらないのに対し
副交感神経のはたらきは年齢と共に低下していくのです。
(眠れない・・・高齢の方々がよく言われますが、副交感神経のはたらきが低下したため)

交感神経優位のアンバランスな状態では、自律神経も正常に働かず
様々な症状が現れ、ほっておくと病気になるということです。

そこで、そうならないために自律神経を整えておきたい
安定させておきたいわけです。

キーワードはゆっくり

・ゆっくり話す
・ゆっくり歩く
・ゆっくり呼吸する

ゆっくり話せば副交感神経を刺激し、口角を上げて笑うのも副交感神経が上がることがわかっています。
逆に「痛み」は副交感神経を下げてしまうので、女性ならハイヒールなどの足を痛める靴は日常的にはかない方がよいですね。
そして、「よい睡眠」もキーワード。

 

グッドラック効果!?

ユーモアと笑いが、いかに健康に役立つか

・笑うことはストレス解消になる。→不眠や胃痛といったストレス性疾患の予防になる。
・笑うと自律神経の働きがよくなる。→高血圧や心臓病を防ぐ。
・笑うと腹筋がよく活動する。→便通がよくなる。
・笑うと免疫力が高まる。→ガンの予防効果がある。

確かにユーモアや笑いに、ストレス解消効果があるのは誰もが実感するところです。

「病は気から」

気が穏やかであれば、病も遠のく。ガンも例外ではないはず。

笑いは気を健やかにしてくれる、もっとも効果的な方法といえますね。


ところで、うつ病になる人には共通した性格というのがあって、
「〜すべきだ」「〜でなければならない」とそういう意識が強い人・・・
生真面目、完璧主義、原則主義、・・・
このようにどこか真面目にコリ固まっている人、
粘着性の強い人がなりやすいというデータがあります。

こんな人に取り入れてもらいたいのが「ユーモアと笑い」

コチコチに固まっている部分が、笑うことで上手にそれが揉みほぐされる。
笑うことで、心が「グッと楽」になるというんですね。

そこで「グッド・ラック効果」・・・

「フムフム納得!」と笑ってくれる人はよいですが、
「フン、そんな下らんダジャレなんか」・・・と顔をそむけてしまう人は要注意ですよ。

ストレスは人生のスパイス!

ストレス=S・T・R・E・S・S
楽しみながら豊かな人生をおくるための素敵な刺激です。

 スポーツ(姿勢のよいウオーキング)

 トラベル(日常から離れて得る新しい刺激)

 レクレーション(お楽しみイベント)

 イースト(食べる、美味しいものを思いっきり楽しく食べる)

 スリープ(眠る。時間と質の良い睡眠)

 スマイル(笑顔、笑い。しかめっ面せずに、笑顔で対する)

先日、本で出会った素敵な言葉です。
自分を楽しませて、喜びの波動を放てたら〜元気になりますよ。

 

癒しの館のお庭にて

今年も6月に「癒しの館」で「癒しのコンサート」を開催しました。

nose

久しぶりに訪れてみるとお庭の草花も元気いっぱい。
初夏を楽しんでいるかのごとく
彩りも鮮やかに出迎えてくれたのです。


新緑の清々しいパワーを浴びて
心身ともにリフレッシュできましたし


こんなところに



雑草も健気に輝きを放っていて
なんだか微笑ましく
ほんわりと幸せに浸れたことでした。

 

昔から言われる「病は気から」

昔から「病は気から」と言われます。

心の持ちようで健康になったり、病気になりやすいということです。


心と体が強い関係にあることは現代の医学ではっきりと証明されています。


たとえば、大きな悩みを抱えたとき、おなかには何の異常もないのに

おなかが痛くなるという経験をした人も多いでしょう。


心と脳はほぼ同義語ですから、

人間の健康にとって、脳が元気であることはとても重要です。


人間という生命体は、頭の先から足のつま先まで

すべてが脳の指令下にあります。

精神活動から体のちょっとした動き、さらには内臓の活動、血行やさまざまな分泌活動にいたるまで

脳の状態が影響するのです。


人間の脳は機能的に3つの部分に大別できます。


1)人間特有の情操や知的機能を発揮する大脳震皮質

2)感情や本能をつかさどる大脳辺縁系

3)生命そのものを基本的に維持する機能を担う間脳です。


間脳は、大脳と小脳の間にあるのでこの名がついているのですが、

視床下部によって自律神経、ホルモン分泌を調整し、

内臓や筋肉などの働きをコントロールしています。


私たちの身体は、外部の暑さや寒さに関係なく体温は36度前後に保たれ、水分やミネラルバランス、血糖値、血圧なども無意識のうちに一定に保たれていますが、これはすべて自律神経のおかげ。意識していなくても独自に働いている器官があるなんて、人体というものはつくづく上手に出来ています。


とはいえ、

自律神経は、本当に意識から自律しているのではなく、実際には、精神面からの影響を非常に強く受けるのです。

とりわけ大脳辺縁系と密接な関係があり、嫌なことや悲しいことが続くと内臓に影響がでます。


つまりこれが「病は気から」なのです。


逆にいうと自然治癒力を高め、健康を維持するには間脳を強化することが重要になってきます。


健康を維持するには、間脳を強化することが重要になってきます。



カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others