ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

睡眠中の体の中は「再生工場」なのです

眠っているうちに健康な状態にしていく働きをしてくれています。
これが「再生工場」であり、その働きは

  1. 身体を成長させ再生させる(子どもは骨を太く長く伸ばし成長させ、大人は再生が行われる)
  2. 病気を治し免疫力を高める(細胞や遺伝子のダメージを修復)
  3. 体の中にできた老廃物を排除する(睡眠中には細胞の修復や生まれ変わりが全身で盛んに起きているため老廃物が溜まり、朝排泄モードになる。フリーラジカル(活性酸素))
  4. 酵素をつくり、明日の活動に備える(酵素は体の中の代謝を促進する触媒として働く絶対に必要なもの。生産が盛んになるのが睡眠中)
  5. 脳と精神のメンテナンスを行う(睡眠によって脳のメンテナンスを行い脳の働きを高めることは、脳の老化防止となる)この5点に要約できます。

では、この再生工場を活性化させるポイントは?

抗加齢的に働くホルモン

\長ホルモンとメラトニンの分泌を促進する

△海2つのホルモンを体の隅々まで行き渡らせる自律神経のバランス

がポイントとなります。


成長ホルモンは寝入りばなの深いノンレム睡眠の時、1日の分泌量の70%が分泌されます。

大人が成長ホルモンをどんどん出すためには、良い眠りをとることが必須条件です。

 

よい深い眠りに必須なメラトニン

これは朝日が体内時計をリセットし、同時にメラトニンのタイマーが作動。

15時間後、メラトニン分泌が始まり眠りを誘い、深い眠りに入ることで成長ホルモンが分泌されます。

このメラトニンはフリーラジカル(活性酸素)を見つけてくっつき無害化して病気にならない身体をつくります。


自律神経は交感神経(闘争の神経)と副交感神経(休憩の神経)のバランスが最も大切です。

研究結果で4時間睡眠を1週間継続すると、夜でも交感神経が優位になってしまい血圧や心拍数が上昇しました。

昼間にちょっと工夫をし、夜には交感神経を働かせないよう、副交感神経が働くように心がけることが再生工場の環境を整えることになります。

基本は朝6時(または7時)に起きて、夜11時(または0時)に寝ることが一番です。


関連する記事

カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others