ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

主治医は自分です

自分が“主治医”であるという自覚は、自分の人生の主人公は自分であることの自覚とともに、自分の中に潜む“自然治癒力”を発見し高めることと連動します。

 

病気の治癒はすべて自然治癒力の働きによるものです。

 

自然治癒力とは、

  向上性を保つ力(一定で変わらない状態)

  自己修復力・復元力、もとに戻る力

  自己調整能力(状態を整えること)

のことです。

人間が潜在的に持っている素晴らしい能力です。

 

これをたえず高める生活が病気とは無縁であり、健康で生きる最も大切なことなのです。

生かされている私の生命をもっと好きになり、大切に磨き上げ、理想通りつくり上げていく。

そう思うととても素敵なことに思えませんか。

それを実現していくのには心身の健康を管理していく事の大切さを実感させられます。

 

地球の中で生かされている私達が、地球のリズムとかけ離れて生きすぎては、健康を管理するのはなかなか難しくなってきます。

太陽の沈むときは眠ること。

この7〜8時間の中に免疫力を高めるポイントがあります。

元気な血液をつくり、老廃物を出し、再生をしてくれるのです。

PM10:00からは眠るモードづくりが大切です。


人間は生まれた時、80%は水分で出てきます。

加齢とともに減っていくのですが、水分が満ちている人が元気で、認知症はきません。

しっかりと水分(体温以上40℃まで)を1日1.5リットル以上必要です。


食事は食間を5時間開けて、食べ過ぎに気をつけましょう。

特に糖のとり過ぎは厳禁。

歩くこと、ストレッチをして身体をのびのび解放しましょう。

 

そして感謝する生活の大切さです。

“幸せは感じたもん勝ち"と言われます。
積極的に幸せ感を持って生きてまいりましょう。


関連する記事

カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others