ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

代謝 その3

今回は代謝の内容の第3回目をお伝えします。

 

その3.免疫機能

 

免疫機能とは、白血球が元気に働いて、菌、ウィルス、ガンなどを処理できることです。

 

その白血球の司令塔が自律神経です。

自律神経とは、私の意志とは関係なく、ただ生命を全うする生命維持活動として、健気に働き続けてくれています。

 

自律神経には、交感神経(活動的)と、副交感神経(リラックス)があり、このバランスが病気にならないポイントです。

 

交感神経優位で、緊張状態が続くと、白血球の中の顆粒球が増え続けて、生命を危うくする病気になってしまいます。(例:ガンなど)

逆に、現代に多い、副交感神経優位だと、主体性のない依存型。

ダラーっとした状態が長く続くと、白血球の中のリンパ球が増え続けて、アレルギー的病気を引き起こしてしまいます。

 

全てにおいて、バランスが大事。

(活動)6:4(リラックス)

これがとても重要です。

 

私の意思に影響を受けない自律神経も、その人の日頃のものの考え方、心のあり方に非常に影響を受けるとのこと。

 

ネガティブ思考は禁物。

ポジティブ思考で、私らしく生きることがとても大切だと思えます。



カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others