ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

間脳を刺激し、自律神経の乱れを正す

リウマチが治った!

 

ラジウム(ラドン)温泉のメッカとして世界的に有名なオーストリアのバートガスタイン温泉郷に、岩盤浴発祥の地と言われる「ガスタイナーハイルシュトレン坑道」があります。

 

鉱山だったところですが、昔、ここで働いていた鉱夫たちのあいだで噂がたちました。

「ハイルシュトレン坑道で働いたら、それまで悩んでいたリウマチや腰痛が治った」と。

実際、鉱夫たちは坑道で働くようになってから症状が治り、噂はさらに大きくなって、しっかりと調査することになりました。

 

 

効果は学術研究で証明

 

その結果、「坑道内にある天然ラジウム鉱石から発せられる高濃度のラドンガスが坑道に充満しており、これが作用して病状の改善につながった」ということがわかったのです。

以来、世界各国の大学・研究機関で学術研究が続けられ、いまでは医学用語の「ホルミシス効果」として確立されました。

 

ホルミシス効果とは、大量に摂取すると毒になるものが、微量の場合は体に良いとされるものです。

天然ラジウムから放出される微量のガンマ線やアルファ線によって人体の免疫力が活性化し、発ガン抑制やホルモン分泌など健康増進に効果があることが各種実験や臨床応用で明らかになっています。

 

とりわけ、注目されるのは、間脳を刺激し、自律神経の乱れを正す働きがきわめて強いということです。

現代の病の多くは自律神経の失調によるといわれます。

サラリーマンやOL、主婦から子ども、高齢者まで、年齢を問わずストレスが襲いかかる現代社会。

否応なく自律神経を狂わせ、生命活動の司令塔ともいうべき間脳が正常に働かなくなります

そうすると最悪の場合、ガンや難病を発症させるのです。

 

ラジウムは、正常に動かなくなった間脳を整えるので、自然治癒力が高くなり、大切な「氣」が出てきます。

国内における代表的なラドン泉の玉川温泉では、パーキンソン病、イタイイタイ病、リウマチといった特効薬のない病気の人がたくさん訪れ、治癒されているのです。



カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others