ペリドット広場/身体に活力を、心にビタミンを!尾原千英里があなたに元気の素をお届けします。

少食のすすめ

免疫力というのは、白血球の力、つまり貪食力や殺菌力です。

 

甘いお菓子をたくさん食べさせ、その前後に白血球の貪食力や殺菌力を調べると、甘味をたくさん食べて血糖が上昇したときの方が、白血球の免疫力は低下します。

 

私が「満腹」だと白血球も満腹して、その貪食力・殺菌力が低下し免疫力が落ち、あらゆる病気が発生します。

私が「空腹」だと白血球も空腹なので、細菌やウィルスなどの病原菌やがん細胞などの異物を貪食・殺菌する力(免疫力)が促進されるのです。

 

6000年前のエジプトのピラミッドの碑文に記してある名分(英訳)に

「人は食べる量の4分の1で生きている。残りの4分の3は医者が食べている」

日本のことわざにも

「腹八分に病なし。腹十二分に医者足らず」

とあります。

ここらで日本の家庭料理の基本である「一汁一菜」の原点を見つめることが必要かもしれません。

 

40代から代謝が落ちてきますが、そこからの食べ過ぎは体温を低下させてしまいます。

「熱」が免疫力を高めます。

あなたの体温は36.8℃ありますか。

 

1℃の体温低下で30%の免疫力が低下します。

逆に1℃の体温アップは免疫力を5倍〜6倍に強化します。

がん細胞は35℃で一番増殖し、39.3℃以上になると死滅します。

 

自分の免疫力は大丈夫か?

それのバロメーターは基礎体温が36.5℃以上、36.8℃あるかどうかがものさしになると思います。

 

しっかり熟睡できているか、食の管理はどうか、身体を冷やさない、温かい水分をしっかりとって。

生きる期間には限りがあります。

今を大切に、しっかりと生きられる健康を管理して下さい。


血液の自浄作用を高める

生命は食物を消化、吸収、排泄の循環運動をしながら生かされています。

簡単に言えば、100入ったものが100スッキリ出てくれる身体であれば病気とは無縁で生きられるでしょう。

 

しかし、40代から皆共通して基礎代謝が50%OFFから徐々に落ちるという現実。

ここからトラブルが起きてきます。

 

身体の防衛システム、白血球の働きを見てみましょう。

 

白血球の主な作用は

  1. 体内の老廃物、有毒物の処理
  2. 細菌やウィルスを処理する細胞である

 

白血球は体内の老廃物を貪食、処理して血液の汚れを取り除き、病気にならないよう必死で防いでいるのです。

それが過食、欧米食摂取過剰、食物繊維不足、化学薬品、化学調味料の摂取、運動不足、ストレスなどで血液に老廃物が増え過ぎ、血液内の白血球だけでは処理できなくなると、体外に排泄するメカニズムが働きます。

 

その排泄でも間に合わないと、細菌が侵入してきて肺炎、扁桃腺炎、膀胱炎などの炎症を起こし、高熱を出し、血液の老廃物を燃やして血液をきれいにしようとするのです。

その現象が

  1. 嘔吐、下痢
  2. 発疹
  3. 炎症、熱、食欲不振
  4. 出血
  5. 痛風や血栓(部品の故障でとどめて全身を守る身体の知恵)
  6. がんですら全身を守る防衛反応である(汚れた血液のかたまりががんである)

身体が行う「病気を治そうとする反応」を現代医学はことごとく抑え込もうとする対処療法に躍起になっているのが現実です。

 

「吸収は排泄を阻害する」という生理学上の大原則があるといいます。

あまり食べすぎると身体のエネルギーが消化吸収の方にまわり過ぎて、排泄の方に行かないため、便秘、乏尿、発汗不足など身体がむくんでしまう。

 

その逆に「吸収させないと排泄が促進される」ともいわれます。

その最たるものが「断食」だと言えるでしょう。

週に一度くらいはプチ断食をして、排泄を促すのも大事だと言えます。

 

あとは生きる姿勢が受け身で、考え方が消極的になっていませんか?いい人になっていませんか?「NO」といえますか?

この事がストレス負荷となり心身への負担も大きくなってしまいます。

 

頑張りすぎない、ちょこっといい加減!

私らしくありのままの自分、あるがままの自分をのびのびと生きたいものです。

「直感で生きる」人となって、心身ともに健康で生きましょう。


がんを本当に理解する

命を狙う細菌やウィルスなどの異物が体内に侵入すると、免疫システムが攻撃・排除する仕組みも人間の体には備わっています。

がん細胞は体の命令を無視して勝手に増殖するのですが、もともと正常細胞が変化した「身内」なので、身体は暴走を許し、免疫力で叩くこともしないのです。

身内に甘い体質が世の中と同じく体の中にもあるというのはお笑いです。

 

抗がん剤はがん細胞と正常細胞を見分けられない。

がん細胞は正常細胞から分かれたものなので、基本的な構造や機能は同一です。

違うのは、がん細胞は無限に分裂を繰り返すという点。

したがって、がん細胞に入って死滅させるような薬は、正常細胞にも入って死滅させます。

そして正常細胞のほうが分裂速度が速いのです!

早期胃がんの成長スピードを計算する臨床の結果、直径1cmの胃がんが命を奪う10cmに育つまで5,550日(15年)〜30,760日(80年)という超のんびりペースだとわかったそうです。

がんを叩く前に正常細胞がやられてしまうということです。

 

がん自身は痛まないし、毒素も放ちません。

 

がんを正しく知ることが大切です。

がんは外からの刺激ではなく、自分の中で作ったものであるということ。

今までの自分の生活習慣を見直し、自分のものの考え方をもう一度見直して、生き方チェンジをしてゆくべきではないでしょうか。

一度しかない人生、生かされている生命を大切に身近なところからチェンジ・整理をしてみることが大切です。


脳幹人間は代謝が良い

代謝とは、〆挧Δ虜得犬反契検↓排泄、L髪峙’宗↓ぅ┘優襯ーの代謝、この事を指して言います。


この代謝が40歳代で半減し、以降下がり続ける、これが老化です。


この代謝のポイントとなるのが、血液です。

 

血清の90%は水分で、残りがタンパク・糖などの栄養素、酸素、酵素、ホルモン、老廃物です。

 

これを見ても、水分をとらない人が熱中症になったり、認知症になったりすることが理解できるでしょう。

水分が身体に足りている人は、何歳になっても熟睡ができます。

それは、再生も老廃物を出すこともスムーズにとりおこなわれるからです。

 

血流の良い人は考え方もおだやかになれます。

総合的には、心のあり方が自律神経に影響を及ぼし、身体全体の血流にも影響を及ぼすことになってしまいます。

 

代謝を年相応によくして、元気に生きるには、しっかり睡眠をとることです(7〜8時間)。

そのためにはしっかり体温以上40℃までの身体の細胞吸収の適温で水分をとり、食べすぎないこと、これがポイントです。

 

食べ過ぎ、特に夜の食べ過ぎは老化促進剤で要注意。

自分の身体を管理して、元気で豊かな人生創作をしていきましょう。


脳幹虚弱症からの解放

大脳のおもな構造

「脳の革命」永田勝太郎著より

 

脳幹虚弱症とは、第三者の目に支配された生き方のこと(妬み、嫉妬、恨みなど)

あるがままの自分を忘れ、ストレスを溜めて我慢し、過剰に適応するタイプの人(社会適応型)のことを言います。

 

脳幹とは、生存に不可欠な機能を司る器官です。

つまり、呼吸、食欲といった生理的機能や、身体の各器官を正常に機能させる管理センターでもあり、最も重要なのは自己防衛本能、つまり、自尊心の宿る場所です。

ここが虚弱になると、心身ともの病にやられてしまいます。

 

「脳幹が強いと病気にならない」と言われます。

脳は少しずつ育っていきます。

筋力トレーニングと同じようなものです。

逆境に直面したとき、「必ず乗り越えてみせる!」と私が思えば、脳も闘う態勢に入り、越えるための情報を集め、越えられるように働くのです。

脳には何らかの目標を達成することで大きな喜びを感じるという性質があるからです。

その逆もあります(ダメだと思えば、ダメになる方向に働く)

人間は「生きたい」という意志の塊のような存在です。

これが自然治癒力として持っています。

感染症や細菌でも「私は絶対病気にならない!」と、気力が漲っていると、免疫が活発に活動をはじめ、感染症にもかかりにくいと言われます。

 

脳力をアップする生活習慣とは、まずしっかり睡眠に重点を置くこと、7〜8時間の睡眠です。

そして温かい水分をしっかりとり、血管のゴースト化を防ぎましょう。

 

思いの世界を放っておけば、70〜80%はネガティブな事を思うのが人間です。

自己肯定感、自分は誰かの役に立っている、愛されていることを確認しながら、不足を感じたら積極的に為に生きましょう。

ありのまま、あるがままの自分を楽しみましょう。

 

人間だけが持っている特権!

楽しむこと、喜ぶこと、感謝することです。



カテゴリ

最新の記事

過去の記事

mobile

qrcode

others